FC2ブログ

■■■20kg減ダイエット体験談■■■15.手放す

2013.10.06.Sun.22:21
■■■20kg減ダイエット体験談■■■
1.きっかけ
2.服がない!
3.初めてのジムへ!
4.食事のルール
5.朝食はグリーンスムージー
6.しょうがスープ
7.気にしたのはGI値
8.コントレックスと発汗
9.ゆっくり噛む
10.お酒をやめてみた
11.このくらい運動しました
12.呼吸のトレーニング
13.ストレスからの解放・序
14.捨てる

からのつづきです♪

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*


体重がついに目標の48kgになった、2012年11月頃の話です。


物理的に不要なものを捨てると、
精神的に不要なものも何とかなりそうな気がしてきました。


そこへ、いつものヨガの先生がある本をすすめてくださいました。
先生には心の中を見透かされているのではないかと思えることがよくあります。




って、おい!スピリチュアル系じゃん!('A`)

と思ったのを覚えています。。
正直このジャンルはずっと苦手でした。


でも素直に読んでみて良かったです。
ここで反発していたら、私はきっとストレスだらけのままだったと思います。
そのくらいリズ・ブルボーの本には大きな影響を受けました。

その後読んだ この2冊も良かったです。




未だに理解できなかったり、「それはどうよ?」と疑問に思う部分もありますが、
基本、平和で博愛に満ちていて素晴らしい考えだと思います。


特に『LOVE LOVE LOVE』p.28の

悪い人はいません。傷ついた人がいるだけです。
傷ついて、どうすれば状況を変えられるか分からない人がいるだけなのです。


この言葉に心を打たれました。
なんて大きくて優しい言葉なんだろう!と。
毛嫌いしててごめんね、スピリチュアル。


これらの本を読んで考えていると、私に必要なことが形になってきました。
大きく分けてこの3つです。


・執着を手放す

・恐れを捨てる

・現実を受け入れる




これだと抽象的なので、私が頻繁に感じていたストレス

公共マナーの悪い人を見るとイライラする

という例で説明していきます。




■執着を手放す

マナーの悪い人を発見するとまずしてしまうことは批判でした。

「こんなことをすべきではない」
「そんなことは常識なのに」

「~するべき」「~するべきでない」という強い考えは自分の価値観への執着です。
さらにそれを他人に求めるのは価値観の押し付けなのですね。


次に

「あの人はどうしてそんなことをするのだろう」

と考えてしまっていました。
その思いをひきずったまま帰宅して「マナーの悪い人の心理」なんて検索してみたり…。

これも分かりやすい執着で、時間とエネルギーの無駄遣いですよね。


相手から実害を被ったのでなければ、
その人がどう振る舞おうが私にとっては関係のないことなのです。
もしその人が法を犯していたら然るべき権利を持った人が対処するだけです。

冷静に考えれば分かったと思うんですけどね…放っておくことができませんでした。


このように、無意味で自分を苦しめるだけの執着は手放したほうが良さそうです。
一見害がない無意味なだけの執着も、あまりにもたくさん抱えたら苦しくなります。

本当に自分に必要なものだけ残して、手放せるだけ手放そうと思いました。




■恐れを捨てる

人が感情的・攻撃的になるのは心の奥で恐れを感じた時なのだそうです。


この例に当てはめて考えてみると、私の怒りは

「私は(仕方なく)ちゃんとやっているのに、
堂々とマナー違反をしている人が私より得をしたらどうしよう」

という恐れからきているということです。
なんだか欲丸出しで恥ずかしいですよね(lll-艸-)


そして、

「人より得ができるなら私もマナーなんか気にしたくない」

そんな浅ましい私の心の声も聞こえてきてしまいました…。


それでもマナーは守る人でありたい私です。
そこで

たとえマナー違反をしている人が得をしても私は自分の信念で振る舞う。
だから損をするわけではないし後悔もしない


という覚悟で行動することにしました。
これなら他人の行動に心を乱されることがなくなります。


怒りと恐れの関係を理解することで、
逆に人から感情をぶつけられても

「ああ、この人は何かが怖くて仕方がないんだな。(以前の)私と同じなんだな」

と、相手を理解して、その状況を怖がらずに冷静に受け止めることができます。




■現実を受け入れる

自分がどうあっても、マナーの悪い人はどこにでもいます。

そんなはずない!
人ってもっとちゃんとしてるはず!

そんなふうに抵抗するから、そうではない人に遭遇してしまうとパニックになってしまうのでしょう。


これまでの「執着を手放す」、「恐れを捨てる」を踏まえた上で

「世の中には色々な人がいて、色々な事件が起こる。
 それは誰にも止められないし、止める必要もない。
 私もまた、色々な人の一人なんだ」

そんな当たり前のことを、実感を持って感じることで
なんだか力が抜けたというか、とても楽になりました。


相手を見下すわけでもなく、自分が卑屈になるわけでもなく、ただ受け入れる。

自然と調和する、というとすごく大げさな感じがしますが
今はそんな気持ちです。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*


この考えを基本にしてストレスからほぼ解放されたわけですが、
書いていて「私って本当に本当に未熟だったんだな」と痛感しました…。


多くの人はこんなこと分かり切っていて、最初から実行しているのかもしれませんが
私にはダイエットと共に必要なことでした。
だから恥を忍んで書いてみました。


前回でもちょっと触れた断捨離の提唱者・やましたひでこさん。
やましたさんはご自分の深刻な例で「手放す」お話をされています。
お時間があればぜひご覧になってみてください。

“強烈な母”との葛藤 (iza!に飛びます)

私の下手な話を読むより、やましたさんのインタビューを読むほうが手っ取り早いかも(-´ω`-。)


こんなにつらい経験をさらりと話してくださるやましたさんにはもう何も怖いものがなくて、
これからずっと健康的で幸せな人生を送られるのだなと分かります。
私もそんな生き方をしたい。

131006.jpg


自分の中に溜まっていた無駄なものを手放していく作業は気持ち良かったです。
心から身軽になれた気がしています。


ただ、副作用もありました。


自分の未熟さで今までどれだけ人を傷つけてきたかと思うと
ものすごい罪悪感にとらわれ、本気で落ち込みました…。
ダイエットではほとんど「つらい」と思うことはなかったのですが
この罪悪感と向き合った時期は本当につらかったです。


リズ・ブルボーは繰り返し
「そこに悪意がなかったのであれば罪悪感を持ってはいけない」
と言っていますがどうしても…。


でも過去は変えようがないんですよね。
そんなだめ人間だった自分も受け入れて手放して、
ゼロに近い状態からまた生き直せばいいかなと思うようにしました。

普通の人より不寛容だったのだから、これからは普通の人より寛容になることで
罪滅ぼしをしていきたいなんて思いもあります。


これからはまず自分の心が安らかであることで
他人も自分も追いつめることなく、楽に生きていこうと思っています。


なかなか完璧にはなれませんが、それも私だから受け入れていきます(*'ω`*)ゞ


長い記事を読んでくださってありがとうございます。
レベルが低くて呆れさせてしまったらすみません。
でもちょっと分かるかも、と思っていただけたら
何日も書いては消し書いては消しを繰り返した甲斐があります。゚(゚´ω`゚)゚。


ストレスについての話はあと2回続ける予定です。
やはりダイエットには直接関係ないので読み飛ばしていただいてもダイエット的にはOKかもです。
催促ついでに、良かったらこちらを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ




スポンサーサイト



■■■20kg減ダイエット体験談■■■14.捨てる

2013.10.02.Wed.22:38
■■■20kg減ダイエット体験談■■■
1.きっかけ
2.服がない!
3.初めてのジムへ!
4.食事のルール
5.朝食はグリーンスムージー
6.しょうがスープ
7.気にしたのはGI値
8.コントレックスと発汗
9.ゆっくり噛む
10.お酒をやめてみた
11.このくらい運動しました
12.呼吸のトレーニング
13.ストレスからの解放・序

からのつづきです♪

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*


ストレスからの解放は、ものを捨てることから始まりました。


きっかけはヨガの先生のお話でした。

雑誌の取材で先生のお住まいを公開することになり、
お掃除のついでに思い切ってたくさんのものを捨てたらすごく気持ちがすっきりしたと。

その先生はよくこうおっしゃいます。

「過去を捨てて、今を生きましょう」


普通の人にこんなことを言われてもピンと来ませんが、
ヨガと向き合い○十年、
余計なものを削ぎ落としてシンプルな生き方をなさっている人です。
心に迫るものがあります。


私もそんな素敵な女性に近づけるかな?と思い、
まずは真似をしてみることにしました。



私が捨てるべきもので思い浮かんだのは大量の服と本。
これからやってみよう。


ということで家のクローゼットを開けてみると
あるわあるわ、大きなサイズの服、服、服…。


「太っちゃって着られる服がない」
と嘆いていた割によくもまあこんなに集められたものだなというくらいありました。
衝動的に買ったものの結局着なくてタグが付いたままのものまで。



自分が太っていることを認めたくなくて、体型をカバーすることだけ考えて買った服。
そんな服の選び方を捨てたい。


「また太っても、着られる服はたくさんあるからいいや」
なんていう精神的な逃げ道も捨てたい。


そんなことを思いながら、
「大きな体を覆ってくれてありがとう」という気持ちも込めて
服をゴミ袋に入れていきました。



本の量も大変なことになっています。


子供の頃から読書が大好きで、結婚して実家を出る時にも
様々なジャンルの相当な冊数を持ち込みました。


時々思い付いて整理して中古書店に売るものの、その数倍のスピードで増えていくので
本は一向に減らないどころか増えていったのです。


気になったらすぐ調べる、とことん調べる。
興味があるものについて、すべて知っておかないと気が済まない。
何をするにも失敗したくない。
本棚を見るとそんな私の疲れる性格がよく出ています。


『他人に言い負かされない方法』
『勝つための心理戦』
なんていうタイトルが並ぶアグレッシブな本棚を見た友人に

「ねえ、もふこは誰と闘ってるの?」

と言われたことも思い出しました(笑)


その時は友人の絶妙なツッコミに受けて大笑いしただけですが、
私は他人から「見えない敵に不毛な闘いを挑み続けている人」に見えていたんだなあと
この時初めて気付きました。


・明らかに用済みの本
・この1年間開かなかった本
青空文庫で読める本
・また読みたくなってもすぐ手に入る本


本はこれを基準に捨てていきました。


服は燃えるゴミの日に、古本は資源ゴミの日に捨てました。
すごい量でした。
試着だけの服やきれいな本はまとめて、お店に売りに行きました。
大した金額にはなりませんでしたが、
結局その金額よりも大きなものを得ることになったと今では思います(o'ω'o)


あれもこれも溜め込んでパンパンになっていたクローゼットや本棚は、
なんだか私そのものみたいに思えました。


あれこれ捨てた今は見た目にもかなりすっきり!
気持ちもすっきり。

やってみて本当に良かったです。
そしてこれがストレスとの別れにつながっていったのでした。


ものを捨てることで楽になろうとする考えは
やましたひでこさんが提唱する断捨離に通じるものがあるかもしれません。



やましたさんの著書はいつかきちんと読んでみたいです。
すんなり理解できそう。


少しでも参考になることがありましたら
こちらをクリックお願いしますd(*・ω・*)b

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ





■■■20kg減ダイエット体験談■■■13.ストレスからの解放・序

2013.10.01.Tue.22:05
■■■20kg減ダイエット体験談■■■
1.きっかけ
2.服がない!
3.初めてのジムへ!
4.食事のルール
5.朝食はグリーンスムージー
6.しょうがスープ
7.気にしたのはGI値
8.コントレックスと発汗
9.ゆっくり噛む
10.お酒をやめてみた
11.このくらい運動しました
12.呼吸のトレーニング

からのつづきです♪

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*

昨年7月に始めたダイエット。
無我夢中でやっているうちに体重は順調に減り、
9月後半には標準体重の53kgに到達しました。

131001.jpg

開始時から15kg減ったので、外見もかなり変化したようです。

この頃になると会う人会う人に「痩せたね~!」と言われるようになりました。
これは嬉しかったです。


目標の48kgまで、あと5kg。
そこまで減らせるかどうかは分からないけれど、
とにかくやってみようという気持ちでした。

やる前から「そんなの無理」と尻込みしてしまう性格だった私は、
少し成長したのかもしれません。



さてさて、今回からストレス解放編です。

ストレス私が太った原因のひとつでした。過去記事→私が太った理由

そんな憎いストレスですが、今回のダイエットのついでに
私はストレスから健康的に解放される術を覚えました。
(もうドカ食いはしません!)

まだまだ完璧とは言えないのですが。

それでもストレスを溜めて溜めて溜めこんで、
体も心もパンパンになっていた頃と比べたらもうスッキリさっぱり!です。


ストレスの種を根こそぎなくすことができたわけではありません。
例えば…

宝くじが当たって家計のやりくりを一切考えずに済むようになった!とか

子供たちが突然良い子に!さらに天才だと分かり輝かしい将来が約束された!とか

根も葉もない噂大好きな××さんがご主人のご栄転に伴って海外にお引っ越し!二度と会えなくなった!!!!とかーーーーーーっ(笑)


そうだったらいいんですけどねー(´-ω-`;)ゞ自分勝手な願いばかりでお恥ずかしい…

世の中、そううまくいきません。
私を取り巻く環境は今も、何も変わりません。
我が家は相変わらず金欠で、子供たちは家中を散らかし、××さんは今日も風説の流布に励んでいます。

嬉しくない状況ですよね。
それでも私はイライラせずに済んでいます。

そうです。
何が変わったか?というと、私自身なわけです。


ここからは長くなるので次回から順に、具体的に書いていきますね。
ダイエットとは直接関係ないかもですが、
ストレス、特に人間関係のストレスに悩んでいる方にお付き合いいただければ嬉しいです。


いいから早く書いて!という催促代わりに一押ししてくださると励みになります!(`・ω・´)

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ





■■■20kg減ダイエット体験談■■■12.呼吸のトレーニング

2013.09.26.Thu.22:58
■■■20kg減ダイエット体験談■■■
1.きっかけ
2.服がない!
3.初めてのジムへ!
4.食事のルール
5.朝食はグリーンスムージー
6.しょうがスープ
7.気にしたのはGI値
8.コントレックスと発汗
9.ゆっくり噛む
10.お酒をやめてみた
11.このくらい運動しました

からのつづきです♪

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*

エアロビクスとウォーキングができない理由、のぼせ
それはせっかく運動を始めた私を悩ませていました。

汗をかけないことも恐らく原因のひとつだったと思うのですが、
(その体質はこう改善しました→■■■20kg減ダイエット体験談■■■8.コントレックスと発汗
もしかして呼吸がうまくできていなくて酸欠状態?と思い始めました。

ヨガをやっている時は

「息を吸って○○します」

「息を吐いて××します」

と、動きに合わせた呼吸のタイミングをインストラクターさんが教えてくれるのですが
私は一旦息を吸うと指示が出るより早く吐いてしまい、
吐いた時には指示が出るより早く吸ってしまうのです。
呼吸が人より短いのは間違いなさそう。

何とか深い呼吸ができるようにならないものか。


あれこれ調べて、iPhoneのこのアプリで呼吸のトレーニングをすることにしました。

Icon.pngイロ呼吸
¥85
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
更新: 2013年7月9日
バージョン: 4.1
サイズ : 3.5 MB
言語: 日本語、英語
販売元: Hiroaki Okamoto
© IKApp
4+ 評価
互換性: iOS 6.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み



iro1.jpg

ここで背景の色を選択します。
上段が淡色系、下段は濃色系。


iro2.jpg

これは淡色系・白(無色?)の場合です。



こちらはピンク。
気分に合わせて変えられます。

iro3.jpg

INHALEは「吸う」、EXHALEは「吐く」です。
それぞれの秒数をセットします。

吐く秒数を長めにすると良いと小耳に挟んだので、EXHALEを4秒ほど長くしてみました。
画面はダイエット中の実際の数値です。


画面中央から一粒の泡が近付いてくるので、それに合わせてゆっくり息を吸います。
セットした秒数になると「ぴちょん」という音がするので、
その音が聞こえたら息をゆっくり吐いていきます。
同時に泡が遠ざかっていきます。
泡が見えなくなると再び「ぴちょん」という音が聞こえるので、再び息を吸い始めます。

これの繰り返しなので、泡の動き・音に合わせてひたすら呼吸をします。
余計な音楽など無く、水の中にいるような音が絶え間なく聞こえるため
深~~~いリラックス効果も得られます。

おやすみタイマーもあるので、深い呼吸の練習をしながら眠りにつくことも可能です(o・m・o)
毎日同じ時間にお知らせしてくれる機能もありますよ。

このボタンから簡単にダウンロードできます。




ちなみに現在はこのくらいの数値で使っています。
心を静めたい時に…。

iro5.jpg

INHALE 25秒、EXHALE 33秒。
かなり深く呼吸できるようになったと思います(*´▽`)=3


もちろん、アプリがなくても呼吸のトレーニングはできます!
時計の秒針を見るのでもいいと思います。
とにかくゆっくり深く呼吸をすれば良いのですから。
睡眠中、食事中、会話中以外はいつでもできますよね。

コツはガッと吸ったり吐いたりせず、「細く、長く」と意識することです。

あと、私は吐く時に体に溜まった悪いものを全部出すイメージでやりました。

皮膚の下に蓄積された脂肪、心に積もった悪い考え、弱い心、全部出しちゃって浄化された~い!
そんな願いを込めて(笑)

そして吸う時は細胞のすみずみまできれいな酸素が行き渡るイメージで!


当時の私と同じように呼吸が浅いんじゃないかな?という方、または
なんか気分が落ち込みがちなんだよな…という方はぜひ深い呼吸を意識してみてください。
それだけで体と気持ちが変わってきますよ(*ゝω・*)ノ


中島知子さんの心配な猫背でも触れましたが、
呼吸は自律神経と深く関わっているので本当に大切なのです。
(何度もネタにしてごめんなさいね、中島さん)

私もダイエットをして運動を続けるうちに、その大切さを身をもって知りました。
というか、自分が今までいかに呼吸をおろそかにしていたかを思い知りました(ノд`;)


呼吸法には腹式、胸式など、たくさんのものがありますが
まずは深く長い呼吸をマスターすると良いと思います。
当たり前ですが人と呼吸って、切っても切れない関係なんですね~。
実に当たり前ですね…。すみません。

最近ではやっぱり美木良介さんのロングブレス!



インナーマッスルを鍛えるにはとてもいいと思います。
これをやって損することはなさそう。
人前でするとびっくりされそうなのでそれだけは注意ですね。

私の、アプリを使った呼吸のトレーニングは4ヶ月くらい続けました。
その頃には体重も標準体重(53kg)を下回り、のぼせも解消。
めでたくエアロビクスとウォーキングを再開することができましたヽ(・´∀`・)ノ
もちろんヨガも自然な呼吸で進行についていけるようになりました。

さらに少しずつトレッドミルで走ることもできるようになり
健康な体へ近付いていったというわけです。

現在それほど激しいダイエットは必要ないわ、という人も
呼吸をコントロールすると今よりももっと体が楽になると思いますよ~。


今回も読んでいただき、ありがとうございました。
次回からストレス関連の話になります。
よろしければまたお付き合いくださいませヾ(o´∀`o)ノ


少しでもお役に立ちましたら
こちらを押していただけるととってもありがたいです!

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

ここ数日休んでいる間に押してくださった方、本当にありがとうございます。
更新の励みになりました。
感謝ですm(´;ω;`)m

これからも私が持つ情報を提供していきますので、どうぞよろしくお願いしますね。


■■■20kg減ダイエット体験談■■■11.このくらい運動しました

2013.09.11.Wed.22:28
■■■20kg減ダイエット体験談■■■
1.きっかけ
2.服がない!
3.初めてのジムへ!
4.食事のルール
5.朝食はグリーンスムージー
6.しょうがスープ
7.気にしたのはGI値
8.コントレックスと発汗
9.ゆっくり噛む
10.お酒をやめてみた

からのつづきです♪

長くなってきましたね。
まだありますのでお付き合いください(o〃>ω<)o


「ジムで運動というけれど、何をどのくらいやったの?」と思われるでしょう。

ということで今回は1週間の運動の種類と量を載せます。
曜日によってスタジオレッスンの数や種類が違うので、まとめて1週間分にしました。

2012年7月~8月、12kg減った期間のものです。



・ヨガ…120分
ハタヨガという種類のものです。
呼吸に合わせてポーズを取ることを繰り返します。

・コアエクササイズ…120分
ピラティスと言われているものです。
体幹を鍛えるトレーニングです。ヨガより厳しく感じます。

・骨盤コンディショニング…60分
ヨガのポーズを取り入れたストレッチ等で全身の歪みを取り、調子を整えます。
リラクセーション系。

・気功体操…60分
おうちでやるなら気功体操に書いた通りのものです。
ゆったり運動系。

・ボディメイク…50分
体幹を鍛えながら姿勢やボディラインを整えるエクササイズです。
チューブを使ったトレーニングもあります。有酸素系。ちょっとハード。

・ポールストレッチ…40分
ストレッチポールを使って、全身をほぐします。
リラクセーション系。




う~ん、見事にスタジオレッスンばかりですね(´ー`A;)
どうしても楽しいものに行ってしまうのです。

マシンで筋トレもしていましたが、毎回すぐ疲れてやめていたので
とても「やりました」とは言えず、このリストには入れません。
今も筋トレは避けてしまっています…。私には合っていないんでしょうね。


スタジオレッスンはどれもジム独自のプログラムです。
ランニングや水泳のように計算しやすい連続運動ではないので、
消費カロリーはまったく把握できません(・ω・`;)
摂取カロリーより多く動けばいいんだという、激しくどんぶり勘定的な気持ちでやっていました。


エアロビクスはのぼせがひどいため泣く泣くお休み。
トレッドミル(ウォーキングマシン)でのウォーキングも最初やっていたのですが、
体が重すぎてかかとが痛くなってしまったのと
心拍数がすぐに180くらいまで上がって苦しくなるのでやめていました。


でもでも、トレッドミルは使っておいて良かったと思っています。

ちょっとここ大切

なぜかというとマシンに消費カロリーが表示されていくからです。
これが全然増えない!!!(><)
疲れたな~、結構歩いたよな~と思ってチラ見してみるとまだ60kcalとかでびっくりします。

60kcalといったらアーモンドチョコ2.5個分なわけですよ…。

almondc.jpg


アーモンドチョコたった2.5個分を消費するのだけでもこんなに大変なんだ…

と身をもって実感すると、やたらに物が(特にお菓子)食べられなくなったんです。




treadmill

トレッドミルでは数字がビジュアルとして意識にインプットされ、そのイメージは強烈です(・´д`・;)
私が単純な性格なだけなのかもしれませんが、
このイメージはダイエットにかなり役立ってくれたと思っています。
今でも食べ過ぎないでいられるのはこのイメージのおかげです。


トレッドミルいいかも!と思った方はぜひ一度体験なさってみてください。
市区町村が運営しているスポーツジムに置いてあると思います。
気軽に一日だけ利用できるので、ジムに入会するのはちょっと…という方にもおすすめです(o´∀`b)b



そしてスタジオレッスンの話に戻りま~す♪

そんなこんなで残ったのが上記の6つのレッスン。
どれも楽しいので今も続けられています。

あまりハードなものはありませんが
体を動かして鍛えるものと、体をゆるめてほぐすもの。
両者をバランス良くやっていたんだな~と思います。
太り過ぎの私にはどちらも必要だったみたいです。


アクティブに動くことも楽しいのですが、
ほぐし系のエクササイズには感動を覚えました。
自分の体をケアすることがこんなに気持ちいいものだったなんて!


というかですね、自分でケアしていいんだ!という発想との出合いなわけです(笑)
どこか痛かったり凝ったりしたらすぐ薬か病院に頼っていた私には目からウロコ的な発見。
足の指一本一本までほぐしていると、
精神的にもすごく癒されていく感覚がありましたε-(^ー^*)

特にポールストレッチはとても気持ちがいいので、
自宅用にポールを購入しちゃったんです!




私が買った時より安くなってます!w(〃゚Θ゚〃)w


これに両足を乗せてコロコロするだけでも気持ちがいいです。
血液もリンパも良く流れているんでしょうね~(o≧∀≦o)

これは全身ほぐせるのですが、意外に効くのが(わき)
脇って、凝ってるんですよ~。


ストレッチポールを使ったセルフケアに良さそうな動画、見つけてきました!
こんな感じでほぐすといいですよ。




ホームセンターなどにも色々なストレッチポールが売られていますが、
迷ったら固めのものがおすすめです。
気持ちよさが全然違いますよ(o'ω'o)b


※ストレッチポールで肋骨を折ってしまう事故があるようです。
おなかから胸にかけて使う時は特に気を付けてくださいね。



今回も長くなってしまいました。
読んでくださってありがとうございます。

ダイエット中の方にとって、何か参考になることがひとつでもあったら嬉しいです。
よろしければぜひ、クリックをお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ